ホーム

やらなかった

やらなかったことをやったのである。良くやらなかったことと、やったことでは、やったほうが良い。やらなかった後悔よりも、やった後悔のほうが良いという。

し かしながら、今回、私はやらないという選択肢を選んだ。やらないということを決めたのである。やらないということをやったのである。私は私のまま人生を楽 しむしかないのである。鮭は鮭であることを楽しむしかない。仮に私がヒトデであったとしよう。私は磯にいることを楽しむしかないのである。陸に上がって楽 しみたいと言っても無理な相談なのである。仮に私が鳥であったとしよう。

水の中で魚のように生活したいと言っても無理な話なのである。鳥 は空を楽しめは良いのである。私は私であることを楽しめば良い。過去の選択肢と環境の集大成として現在の私がある。身体に障害を持った人間として生きてい る。他の誰でもない自分として自分の人生を楽しめば良い。この環境でこの肉体で楽しめば良いのではないか。

京都

人違いだったようである。
 
関西の脱毛エステサロンの説明を聞くために待ち合わせの場所に出向いて、駐車場に車を止めて待っていたのだ。約束の人物がやって来たのか!と思い車を降りて確認したら別人だったようである。世の中には似た人がいるものだ。待たせるだけのことだけあってあのエステサロンは儲かっているのではないか 何せ老舗のエステサロンである。広告に費用をかけなくても口コミだけで集客出来てしまうそうである。私も早くそんな商売をしたいものである。

それにしても、久しぶりに京都までやってきた。ここはやはり関西の中心地である。人通りも多い。若い人が特に多いような気もする。

ところで、このエステサロンでは新規オープンのためスタッフを募集しているらしい。どんな人を採用するのであろうか。

自分で歌った人生

それは自分で踊った人生なのか。

他人に踊らされた人生なのか。

それは自分で歌った人生なのか。

他人に歌わされた人生なのか。

他人の評価を気にして賞賛を浴びるために踊ったのか。

それとも自分が踊りたいから踊ったのか。

それは他人の評価を得るために歌ったのか。

それとも自分が歌いたくて歌ったのか。

Return to page top