ホーム

職場にいる変な奴



今日、偶然、男子便所で目撃した光景である。

いつでも、どうにも幸せそうな彼、A氏としておこう.人目も気にせず、よく小指ではなく、人差し指で鼻くそをほじっている。

彼は、便所の前、5メートルくらいの所から、ジッパーを下ろして、半分くらい出したまま、便所へ入って行った。

そして、小便をするときに、「小」ではなく「大」の便器の所へ行き、中に入ってドアを閉めるのではなく、「大」の和式便器めがけて横から、遠くから、変な角度から、池に向かって立小便をするように放尿した。

凸は丸出しである。どうにも、まともな人間のやる行為ではないので、文章による説明は難しい。

排泄が終わると水も流さず、涼しい顔をして、便所から出て行った。当然、手も洗っていない。

彼の一連の動作は動物の排泄行為のようであった。

彼は水を流さなかったので、おそらくは大便器の水たまりには、こってりとした黄色い液体がたまっているはずである。
しかし、私はその状態を確認することが出来なかった。無論、その必要もない。掃除のオバちゃんが可愛そうな気もするが。。





この後、彼からボールペンを貸してくれと、手を出されたが、聞こえない振りをして逃げたことは言うまでもない。

尿の付着した手で私の持ち物に触れて欲しくない。もしかしたら変な菌も持っているかもしれない。


彼は、いつもニコニコしていて、とても良い人なのであるが、少し個性的なところがあるようだ。





しばらくして、やっぱり気になったので、あの便器を覗いて見た。見るとベットリ、便器にウン子がついていた。彼が尿道から排泄したのはウン子なのであろうか?

仕事 辞めたい

紫外線

 今日も良い天気です。というか、良すぎる天気です。

日差しがとても強い一日になりそうです。これから本格的に夏です。しばらく前まで暖房を炊いていたのが不思議なくらいです。

今日は、直射日光の下で仕事です。

炎天下の下で仕事をすると日焼けして、皮膚がとても痛いですね。日焼け止めを塗り忘れると悲惨なことになることはないですか。肌がただれてしまうのである。最近は紫外線吸収フリーの化粧品やBBクリームなど良いものが、たくさんあるらしいですね。こうした化粧品を使って夏の日差しを乗りきりたいものです。昔はこんな気のきいた化粧品はなかったはずです。夏になると鼻の頭の皮膚が日焼けしてめくれている人なんか、いくらでもいました。今の時代は良い時代なのかもしれません。

今まで

今までのことを振り返ってみて、ふと、思ったこと。

今まで何十年かの人生は生きてきたのではなく、死ななかっただけである。

生きてきたのではなく、死ねなかっただけである。

死にそうになったことは、文字通り、何回もあった。

意識不明で病院に運ばれたこともあった。

高いところから飛び降りようと考えたこともあった。

でも、踏み出せなかった。

死ねなかっただけであって生きてきたのではない。この人生は。

それほど価値のあるものでもない。

たぶん。世の中には掃いて捨てるほどある人生のひとつでしかない。

2013-04-29

Return to page top