ホーム » 日記 » どうにも

どうにも

どうにもまとまりがつかない。毎回、恒例のことであるが、この時間帯が一番中途半端である。馬鹿が多いから当然かもしれないが。誰からも指示はない。して欲しいとも思わない。


烏合の衆というのは、こういうものかと彼らをみていて妙に実感する。

人を使うのではなく、人に使われる人間というのは、こういうものなのだろう。

自分の頭で考えることを、可能であれば拒否したい人たちなのであろう。

それで、偉そうに私も言っているが、実は、そんな群れの中の一員なのである。

ここでは、極力、目立たないようにするのが上策なのであろう。

Return to page top